ミクシィ笠原社長・ユーザー離れに「待った」を掛ける策とは?!

Category: Web - Bookmarks: Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク livedoorclip.gif この記事の livedoor クリップ数 はてなブックマークに追加 Check
元ネタ:「危機感あるが、頭打ちではない」 mixi笠原社長に聞く成長戦略(ITMedia)

上記記事にあるグラフを見ると、mixiのモバイルアクセス数(濃いオレンジ色)は堅調に伸びているものの、パソコンからのアクセス(薄いオレンジ)が減っているというデータがあります。

原因はいろいろあるようですが、「繋がりたいユーザーと繋がりにくくなっている」・・リアルでの旧来の友人やバーチャルで気の合う人が見つからない・・などや、「mixii(ミクスィ)」などのスパム対策が課題として挙げられていました。

さて、笠原社長の言う「mixi成長戦略」ですが、エンジニアの「One Day Free(1週間のうち1日を自由な企画が出来る日にする)」でいろいろとアイデアを練ったり(グーグルの20%ルールのような感じでしょうかね)、APIを公開することである程度オープンにすることを視野に入れたり、クリエーターの集まる場にする(→ニコニコ動画の「ねこ鍋」のような感じでしょうか?)などなど、いろいろ考えているようですが、上記ITMediaの記事に寄せられたトラックバックの中にもいろいろとヒントがあるような気がします。

英語だけでも自動翻訳できる機能を備えれば、
英語圏とのSNSの架け橋が出来る。

確かに国内に頼りっぱなしというのはいつか限界が来るんじゃないかと思います。笠原社長が「海外展開を検討中」と言っていますが、出来るだけこれを早めたらオモシロいことになるのかも。異文化圏の人たちとの交流をしたい人がミクシィで簡単にできるようになると、またユーザーを取りもどすかもしれませんからね。

ぶっちゃけ感じるのはSNSという「優遇閉鎖空間への飽き」を感じている人も少なくはないのではと・・・。
ここの解決ってすごく大事だと思います。

Yahoo!JAPANのSNS「Yahoo!DAYS」が今月から誰でも登録可能になる等のことを考えると、どうしても「招待制」というのは初めワクワク感があっても後から「飽き」が来てしまうのは否めないということでしょうか・・。クローズでもうまいことやっている「ニコニコ動画」などがやはり参考になるのかな・・と。

私ももう少しmixiの「今後」を見守ってみることにします・・。

[関連記事]
mixi会員が1,000万人を突破!1,000万人までの道のりをグラフに描いてみた
エースコックがmixiコミュニティでカップ麺の案を募集、実現へ
ニコニコ動画、mixiよりも「ドップリはまる」サイトに
mixiのデザイン変更に反響多数。一部ユーザーでは使えなかったりするらしい


タグ:SNS mixi
posted by teraitakeshi at 2008年02月11日16:03 | Comment(2) | TrackBack(0)




【Webの最新記事】
facebookで「いいね!」する
ソーシャルブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク
この記事を del.icio.us に登録  del.icio.us
イザ!ブックマーク  iza!ブックマーク
はてなブックマークに追加 はてなブックマーク
livedoorclip.gif この記事の livedoor クリップ数 livedoor クリップ
Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク Buzzurl(バザール)
ソーシャルニュースに追加
newsing it! newsing(ニューシング)
この記事をChoix! Choix(チョイックス)
この記事へのコメント
トラバありがとうございます。
英語圏への拡大は確かに新規ユーザ獲得につながると思います。今までとは一味違った交流も生まれるでしょう。
ただリピーター云々部分の解決には弱いですよね。
人はどんな事でも「おもしろい・便利」等の好奇心が持続するからソレを継続するのであってそう感じなくなったら離れていきます。
流行り廃たりの早い現代でどういった手法を使って生き残っていくのか、今までとは違った意味で今後も注目ですね。
Posted by トモヒロ at 2008年02月11日 23:08
好奇心の持続が継続に繋がる・・・確かにそうかもしれません。私がTwitterを始めたとき「お、何か面白そう」だったのが、なかなかTwitterを利用したコミュニケーションの楽しさに気づけず、空砲を発射してる感が漂ってからあまり書きこまないようになったことを思い出しました。

書き込めど書き込めど「そのほうこうには だれも いない」ってな具合に・・。

でも、これをコミュニケーションの1つと感じて楽しさ・面白さを見出している人がいるのも確かな事実ですよね。

そう考えると多様化したニーズにどれだけ応えれるか(プラス、もちろん流行り廃れも激しい中で)も、生き残りを賭ける要素の1つになるかもですね。
Posted by terainfo at 2008年02月12日 18:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。