ネット接続、光が前年比60%増、ケーブル微増、DSLは微減

Category: IT - Bookmarks: Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク livedoorclip.gif この記事の livedoor クリップ数 はてなブックマークに追加 Check
元ネタ:ブロードバンド契約件数、光接続が牽引--総務省調べ(CNET Japan)

ブロードバンドという言葉自体バズワードというか死語になりつつあるんですが、逆に言うとそれだけ生活に浸透してきたということなんでしょうか。

総務省のプレスリリースによると、2007年3月末時点でのブロードバンド契約数で一番伸びたのはやはりFTTH(Fiber To The Home:光接続)でした。

2007年3月末時点のFTTH・DSL・ケーブル契約数(括弧内は前年同期比)

FTTH    8,803,898(+61%)
ケーブル  3,609,625(+ 9%)
DSL    14,013,248(− 3%)

と、FTTHは1年でプラス60%以上の伸び。ケーブルも9%伸びています。ADSLなどのDSL契約数は微減。2006年末の統計からDSLサービスが減少し始めており、ADSLからFTTHへとシフトする時代がやってきているような気がします。グラフにしてみるとこんな感じ。
net

で、この3つを足してトータルした数もグラフにしてみました。ペースは遅いですがまだ全体的に右肩上がりなような気がしますね。
net2
と、ブロードバンドユーザは全体的に伸びてきている様子。

また、MM総研、FTTH加入者数が800万件を突破。ADSL加入者数は大幅減(Broadband Watch)によれば、
FTTHのシェアはNTT東西合わせて69%と圧倒的。UCOM(USEN)とKDDIは7%弱。

で、ADSLはヤフーBB(ソフトバンクBB)が37%、NTT東西合わせて38%、とヤフーがそれなりの数を確保していますね。

ちなみにFTTHのISP(プロバイダ)はOCNがトップ(27%)、次いでビッグローブ(10%)、ニフティ(9%)の順。ADSLのISPはソフトバンクBBがトップ、次いでNTTコミュニケーションズ、KDDIの順。

家でも会社でもADSLを使っている私はそろそろ時代遅れになってきそうだな、うん・・・。

関連記事


「インターネット美化運動」が総務省ウェブサイトで6月4日からスタート
2006年日本の広告費・インターネット広告が2年で2倍に
ブログの信憑性は意外と低い?Web広告研究会がCGMについて調査

PR


フレッツ光でキャッシュバック&キャンペーン比較サイト


posted by teraitakeshi at 2007年06月11日18:19 | Comment(0) | TrackBack(0)




【ITの最新記事】
facebookで「いいね!」する
ソーシャルブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク
この記事を del.icio.us に登録  del.icio.us
イザ!ブックマーク  iza!ブックマーク
はてなブックマークに追加 はてなブックマーク
livedoorclip.gif この記事の livedoor クリップ数 livedoor クリップ
Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク Buzzurl(バザール)
ソーシャルニュースに追加
newsing it! newsing(ニューシング)
この記事をChoix! Choix(チョイックス)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。