マカフィーの調査結果「検索サイトの中で一番危険なのは米Yahoo!」

Category: Web - Bookmarks: Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク livedoorclip.gif この記事の livedoor クリップ数 はてなブックマークに追加 Check
元ネタ:マカフィー、検索エンジンの安全度調査を発表--「最も危険な結果が多いのは米ヤフー」(CNET Japan)

セキュリティソフトで有名なマカフィーの“SiteAdviser”というツールがあるんですが、これに関しては以下の記事が詳しいかと。
見る前に危険なサイトを警告するプラグイン「SiteAdvisor」配布開始(Internet Watch)

で、そのSiteAdviserを使った結果、Google、MSN、Yahoo!、AOL、Askの検索大手5社のうち、検索結果のうち危険なサイトを一番多く含む検索エンジンはYahoo!だったということです。

マカフィーのニュースリリースはこちら。
The State of Search Engine Safety(McAfee)

AOL returns the safest results: 2.9 % of results rated red1 or yellow2 by McAfee SiteAdvisor. At 5.4%, Yahoo! returns the most results rated red or yellow.

検索結果に危険なサイトを含む割合が一番低いのはAOLで2.9%、一番高いのはYahoo!で5.4%とあります。2倍近くの開きがあるということか。ちなみにGoogleは3.4%、Askは3.5%、MSNは4.2%でした。

Change since May and December 2006のテーブルを見ると、今回と、06年12月、06年5月に行った結果を比較しています。検索サイト5社のうち、危険なサイトの割合が

・2期連続で下がったところはGoogle,AOL,Ask
・2期連続で上がったところはYahoo!

と、Yahoo!にとってはなかなか厳しい結果が。検索エンジンもセキュリティの低いサイトを選別しなきゃいけない時代なんですね・・・というかスパムサイトが無くなればそれでいい、それだけの話でしたね。

[関連記事]
「インターネット美化運動」が総務省ウェブサイトで6月4日からスタート
ヤフーだけじゃない…メールを誤って消去した例の数々
不用意にメールアドレスを公開してスパムメールの嵐…を防ぐ方法


posted by teraitakeshi at 2007年06月06日17:14 | Comment(0) | TrackBack(0)




【Webの最新記事】
facebookで「いいね!」する
ソーシャルブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク
この記事を del.icio.us に登録  del.icio.us
イザ!ブックマーク  iza!ブックマーク
はてなブックマークに追加 はてなブックマーク
livedoorclip.gif この記事の livedoor クリップ数 livedoor クリップ
Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク Buzzurl(バザール)
ソーシャルニュースに追加
newsing it! newsing(ニューシング)
この記事をChoix! Choix(チョイックス)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック