イオン、丸紅からダイエー株を取得、業務提携へ

Category: 経済 - Bookmarks: Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク livedoorclip.gif この記事の livedoor クリップ数 はてなブックマークに追加 Check
イオンがダイエーと業務提携へ…。

イオンは、丸紅の持つダイエー株式(発行済み株式の15%、462億円)を取得し資本提携、さらに業務提携の面でも合意した。

さらに、ダイエーが所有しているマルエツの株式も取得する。

この業務提携のメリットは「販売インフラやノウハウを共有すること」。

これでイオン・ダイエーグループで売上高規模が6兆円となり、セブンアンドアイの7兆円を追撃する形となっていく。

さらに「3/9株式指数と人気銘柄。業界再編関連株が上昇」でも述べたとおり、ダイエーは子会社のOMCカードの株式を売却(売却先は未定)。

さてここから私見ですが、小売業が厳しくなってきていますね。あんまり小売の業界は良く知らないのですが、黎明→成長→成熟→衰退のライフサイクルの面で言えばある意味「成熟」化してきているとも思います。もちろんダイエーの扱う品目は衣・食・住のうち「衣」「食」に当たりますから、業種自体「衰退」することは有り得ないでしょうが、成熟産業は「シェアの奪い合い」。既存店舗とシェアを奪い合うのも勿論ですが…新たな敵の存在として「ネット」があるんじゃないかと思います。

去年のインターネットにおけるB2C(企業-消費者間)取引マーケットの規模は4兆円と聞きます。もちろん1社単独で4兆円ということはなく、複数の企業の集合体がロングテールで4兆円マーケットを形成しているのでしょうが、これはイオングループの売上高に匹敵します。少数派も馬鹿にできないということが、これからどんどん加速していくんじゃあないでしょうか?

[関連ニュース]
イオン、ダイエー、丸紅が資本・業務提携で最終合意(IBTimes)


posted by teraitakeshi at 2007年03月09日22:00 | Comment(0) | TrackBack(0)




【経済の最新記事】
facebookで「いいね!」する
ソーシャルブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク
この記事を del.icio.us に登録  del.icio.us
イザ!ブックマーク  iza!ブックマーク
はてなブックマークに追加 はてなブックマーク
livedoorclip.gif この記事の livedoor クリップ数 livedoor クリップ
Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク Buzzurl(バザール)
ソーシャルニュースに追加
newsing it! newsing(ニューシング)
この記事をChoix! Choix(チョイックス)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。