告発もWeb2.0の時代?内部告発検索サイト“Wikileaks”

Category: Web - Bookmarks: Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク livedoorclip.gif この記事の livedoor クリップ数 はてなブックマークに追加 Check
ウェブ2.0が世の中に持てはやされていて、その中の代名詞の一つにインターネット上のフリー百科事典「ウィキペディア」があるわけだが…。

Wikiを使って内部告発の時代。「告発2.0」

なんとウィキペディアと同じWikiのシステムを使い、政府の内部告発文書をインターネット上で公開検索できるというシステム作っているという話だ。

その名も“wikileaks(ウィキリークス)”。“Wiki”はウィキペディアのシステムとしても使われる「ウィキ」、“leak”は「漏らす」という意味の英単語。中国の反体制活動家が作っているという。サイトオープンは3月頃までには完了する予定だとか。

虚偽や中傷が起きたら…それが懸念材料

懸念されているのが虚偽や中傷の問題だ。それに対して運営サイドは「ウィキペディアでも従来のメディアでも同じ」としている。

[関連ニュース]
iza! - “告発2.0”圧政情報ネットで公開 中国の反体制派ら計画 虚偽や中傷投稿に懸念も[記事ページへ]

[PR]
中小企業向けネットショップ支援サービス

ブログエディタ

ビジネスブログを簡単作成! 「ドリコムCMS ASP


にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ←クリックお願いします


タグ:wiki 告発
posted by teraitakeshi at 2007年01月24日12:52 | Comment(0) | TrackBack(0)




【Webの最新記事】
facebookで「いいね!」する
ソーシャルブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク
この記事を del.icio.us に登録  del.icio.us
イザ!ブックマーク  iza!ブックマーク
はてなブックマークに追加 はてなブックマーク
livedoorclip.gif この記事の livedoor クリップ数 livedoor クリップ
Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク Buzzurl(バザール)
ソーシャルニュースに追加
newsing it! newsing(ニューシング)
この記事をChoix! Choix(チョイックス)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。