不二家から漏れた一言「甘かった」

Category: 経済 - Bookmarks: Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク livedoorclip.gif この記事の livedoor クリップ数 はてなブックマークに追加 Check
 不二家埼玉工場(埼玉県新座市)は、消費期限切れの牛乳をシュークリーム製造に使用していた。

 2006年11月07日、不二家は埼玉工場にて消費期限切れの牛乳を使用したシュークリームを製造。この新古シュークリームは関東一都九県に16000個出荷されていた。発覚以前から不正が行われており、このシュークリームの場合は昨年10〜11月に製造・出荷された。

 今のところ被害届は出されていない。

 発覚は2006年11月08日に発覚。実際に不正を行ったのはパートの60代男性で、「捨てると怒られるので(牛乳の)においをかいで判断した」とのこと。
 発見したのは不二家100周年を迎えるために組織された"構造改革「2010推進プロジェクト」"(外部者8人・内部者7人で構成)で、一応は内部での発覚ということになる。

 こういった不正が以前からあったことも明らかになった。期限4日切れのリンゴ加工品を原料とした件や、社内基準100倍(法定基準値の10倍)の細菌を検出したシューロールを出荷した件などだ。2007年01月11日の立ち入り検査後、埼玉県は「普通の大手工場には当然ある、製造記録などを義務づけている安全管理マニュアルがない。ずさんな運営」(県生活衛生課)と指摘している。

 その後、2006年11月11日にこのシュークリームの消費期限となり、残りものが店頭から処分された。このため証拠が残っておらず、被害届もないことから食品衛生法の違反とはならない。期限切れ+実害なし=おとがめなし、これでよいのだろうか。

 さらに、2006年11月13日には、「発覚すれば雪印乳業の二の舞は避けられない」という内容の内部文章が出され、発表の遅延も指示されていた模様。不二家は年末のクリスマス商戦で三億円の売り上げがある。昨年年末に発覚したものを、なぜ年始の今になって発表したのか? 理由はこれか。

...本文中にある「消費期限」について

 '97 食品衛生法改正
 「賞味期限」=(これ以降は)味が落ちる
   ・レトルト ・缶詰 ・牛乳 など
 「消費期限」=(これ以降は)使えない
   ・生もの ・弁当 ・おにぎり ・牛乳 など足の速い食品


 余談ですが現社長 藤井 林太郎 さんは6代目。不二家の名称の由来は社長の名字「藤井」+「富士山」で、「二つと無い」という意味を持つとのこと。そのわりにはどこかで聞いたような事件です。

 ちなみにペコちゃんは1950年生まれ。不二家創業は藤井林右衛門が横浜元町に洋菓子店を開いた1910(明治43)年。証券コード 2211 (東証1部)。株価はここ2日間で15%の下落。

十一日の立ち入り検査で、埼玉工場の 広門 昭男 工場長は県側に説明:
「認識の甘さから商品を出荷していた」
ネットで見つけた名言:
「お前じゃ話にならん!ペコちゃんを呼んで来〜い!」

[PR]
美と健康の応援サイト メルマガ会員大募集

あなたを儲ける人に変える


posted by masaya00 at 2007年01月12日17:20 | Comment(1) | TrackBack(0)




【経済の最新記事】
facebookで「いいね!」する
ソーシャルブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク
この記事を del.icio.us に登録  del.icio.us
イザ!ブックマーク  iza!ブックマーク
はてなブックマークに追加 はてなブックマーク
livedoorclip.gif この記事の livedoor クリップ数 livedoor クリップ
Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク Buzzurl(バザール)
ソーシャルニュースに追加
newsing it! newsing(ニューシング)
この記事をChoix! Choix(チョイックス)
この記事へのコメント
Posted by 高橋三津雄 at 2007年01月22日 19:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。