コンテンツマッチ型広告 さすがに文脈は解析できないか

Category: Web - Bookmarks: Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク livedoorclip.gif この記事の livedoor クリップ数 はてなブックマークに追加 Check
前の記事「西川先生4000万円」を読んでいてふと気になったのが、このブログの右部分についている広告。

Ads by Google以下に表示されるのは、「Google AdSense」という広告だ。

Wikipediaによれば、Google AdSenseとは…

サイトの内容をGoogleのサーチエンジンで解析し、その内容を元に関連性の高い広告を配信する仕組みである。

とされている。

たとえば株関連の記事を書いたときには証券会社や投資情報などの広告、パソコン関連の記事を書いたときはパソコンショップへのリンクが表示される。AdSenseみたいに記事から関連広告を見つけてくるサービスのことを「コンテンツマッチ型広告」という。

おそらく単語単位でキーワードを拾っているためだろうか、たまにちょっと面白いミスをすることがある。

先の記事で言えば、「西川ふとん」についての広告があるではないか。「西川」という単語に反応してしまったんだね。

これ、AdSenseが文脈を拾う時代が来るのかな。来ないのかな。


posted by teraitakeshi at 2006年12月30日18:25 | Comment(0) | TrackBack(0)




【Webの最新記事】
facebookで「いいね!」する
ソーシャルブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク
この記事を del.icio.us に登録  del.icio.us
イザ!ブックマーク  iza!ブックマーク
はてなブックマークに追加 はてなブックマーク
livedoorclip.gif この記事の livedoor クリップ数 livedoor クリップ
Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク Buzzurl(バザール)
ソーシャルニュースに追加
newsing it! newsing(ニューシング)
この記事をChoix! Choix(チョイックス)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。