グーグルもやはり「マーケティング3.0」のことを考えているのだろうか

Category: ビデオ - Bookmarks: Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク livedoorclip.gif この記事の livedoor クリップ数 はてなブックマークに追加 Check
昨日書いた「ブログマーケティング第1.0世代、第2.0世代の反省点、そして次に求められるもの」の参照記事「ブログマーケティング3.0の時代*ホームページを作る人のネタ帳」を読みながら、記事の最後についている広告が気になりました。


パッと見で「グーグルの広告だ」と思ったのですが、そこにはブログマーケティング2.0世代を引っ張ってきたグーグルからのメッセージが詰まっていました。

ディスプレイ広告(バナー広告)、グーグルの主力商品として扱っている以上は、今までどのような経緯をたどって、今後どのような戦略でいるのか、振り返る価値がありそうです。

YouTube - Google - ディスプレイ広告のこれから - クリエイティビティ

インターネットが世に出始めた頃でしょうか。「マルチメディア」という言葉が連発される時期がありました。ウェブサイト上に文字と画像という複数のメディアが入り、コンテンツを形成させていくという時代でした。それが当時からの潮流だったかなと思います(約15年前、私が中学生のときなので記憶が定かではないですが)。

そして広告もまたマルチメディアに対応し、文字や画像、さまざまなクリエイティブが飛び交うようになってきます。ヤフーのトップページにFlashで作られた動画クリエイティブが出てきたのもだいぶ前の話だったような。

上記の動画に、グーグルの考える「マーケティング3.0」の考え方がチラッと出ていたような気がします。
広告は、よりソーシャルになり、ユーザーとより深く繋がっています。(中略)
動画を使ったリッチメディア広告は、Flashバナーの4倍購入意向を高めることがわかりました。認知度は5倍。さらにブランド好感度は15倍に。

きっとGoogleがYouTubeを買収してから、YouTubeを使った動画広告も伸びてきているんだろうと思いますが、YouTubeのいいところは動画を「シェア」できること。ブログマーケティング2.0世代の時代もう既に「広告を自分のブログに埋め込」んで評価するということが出来てしまうわけですが(この記事も然り)、3.0世代になるともう「ボタン一発でツイッターやミクシィ、フェイスブックetc.でシェアして、さらにそこから拡散していく」ことが期待できるんじゃないでしょうかね。



グーグルがどんどん「一発共有ボタン」の提携先を広めていっていることを考えると、広告配信側は、各種ソーシャルメディアに「簡単に共有できるように」する一方で、そう言ったソーシャルメディアを通したユーザーとのコミュニケーションを密にすることで、ある程度のゴール設定が出来てくるのではないのかな、と考えます。


posted by teraitakeshi at 2010年10月31日14:29 | Comment(0) | TrackBack(0)




【ビデオの最新記事】
facebookで「いいね!」する
ソーシャルブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク
この記事を del.icio.us に登録  del.icio.us
イザ!ブックマーク  iza!ブックマーク
はてなブックマークに追加 はてなブックマーク
livedoorclip.gif この記事の livedoor クリップ数 livedoor クリップ
Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク Buzzurl(バザール)
ソーシャルニュースに追加
newsing it! newsing(ニューシング)
この記事をChoix! Choix(チョイックス)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。