「Wikipedia」を紙出しすると「Thickipedia」に

Category: Web - Bookmarks: Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク livedoorclip.gif この記事の livedoor クリップ数 はてなブックマークに追加 Check
元ネタ:総ページ数なんと5000ページ、Wikipediaを1冊の百科事典にするとこうなった - GIGAZINE

これがあったおかげで調べモノには困らない・・という人も多いんじゃないでしょうか。インターネットフリー百科事典の「Wikipedia」。

個別ページはたまに紙出しするのですが、437本の記事を紙出ししてしまった結果、その紙の量が膝まで届いてしまった・・そんなイギリスの学生が記事になっておりました。。

イギリスで学生がWikipediaに掲載されている内容の一部を1冊の百科事典にまとめてみたところ、総ページ数が5000ページにも及ぶ、とんでもない分厚さの本が出来上がったそうです。

400項目ぐらいで5,000ページになる・・ということはどうなんでしょうか、1記事平均11ページ。

日本語版では約60万記事、英語版では300万記事という分量まで膨れ上がるので、全部書籍化してしまったら、単純計算で3,000万ページ(英語版)あたりになってしまうのか?!

これを「今から実現しよう!」という人がいたら、かかった印刷コストを教えていただきたいものです。

ちなみに“thickipedia”の“thick”は「分厚い」という意味。面白い掛け言葉ですね。

関連記事


“Wiki FM”- last.fmで聴きながらWikipediaで調べられるマッシュアップサイト
知らんかった!「のり弁当」の歴史をWikipediaで調べてみた
タグ:Wikipedia
posted by teraitakeshi at 2009年06月17日16:01 | Comment(0) | TrackBack(0)




【Webの最新記事】
facebookで「いいね!」する
ソーシャルブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク
この記事を del.icio.us に登録  del.icio.us
イザ!ブックマーク  iza!ブックマーク
はてなブックマークに追加 はてなブックマーク
livedoorclip.gif この記事の livedoor クリップ数 livedoor クリップ
Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク Buzzurl(バザール)
ソーシャルニュースに追加
newsing it! newsing(ニューシング)
この記事をChoix! Choix(チョイックス)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック