CO2排出量「チーズバーガー1個=グーグル検索15,000回分」

Category: 経済 - Bookmarks: Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク livedoorclip.gif この記事の livedoor クリップ数 はてなブックマークに追加 Check
元ネタ:「チーズバーガー1個=検索1万5000回」 エネルギー効率をうたうGoogle - ITmedia News

エコ、省エネ、温暖化・・などについてはさまざまな場所でいろいろと議論されていることですが、以前「グーグルで1回検索すると7グラムの二酸化炭素が排出される」という論文が出て、それについてグーグル側が「1回の検索で排出される量は0.2グラムだ」という反論がなされていました。
Google、「1回のGoogle検索で二酸化炭素7グラム排出」の論文に反論 - ITmedia News

ですが、具体的に「1回の検索で0.2グラムの二酸化炭素が排出」されてもしっくりこないのが現状で、例を示してくれています。

この数字ではネット検索の環境への影響を大局的にとらえにくいとして、日々の活動や商品の二酸化炭素排出量とGoogle検索を比較するデータを新たに公表した。

このことが、グーグルの公式ブログにも書かれています。
Official Google Blog: Energy and the Internet
これによると、それぞれの二酸化炭素排出量がグーグル検索何回分に相当するのか、ということが列挙されているのですが、

・オレンジジュース(コップ1杯分)=Google検索1,050回分
・チーズバーガー1個=15,000回分
・家庭で使う電気1ヶ月分(アメリカの場合)=3,100,000回分


など。私も分からない言葉や文献はググりまくっていますが、1日にググる回数から言えばオレンジジュース未満です。

データは興味深いですが、本質的なCO2排出問題と比較するとちょっとトリビアルかもしれません。。

二酸化炭素を削減するためにまずは自分のできることから考えなければならないですね。ただし、「息を止める」は無しの方向で。

[関連記事]
[書評]Google経済学 - 柴山政行著
Google,Yahoo!,Amazon…あのIT企業の名前の由来はどこから来てる?
省エネ家電を比較するサイト「エコひいき.net」
廃油で東日本一周旅行!「天ぷら廃油carエコ旅プロジェクト2007」


posted by teraitakeshi at 2009年05月14日17:40 | Comment(0) | TrackBack(0)




【経済の最新記事】
facebookで「いいね!」する
ソーシャルブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク
この記事を del.icio.us に登録  del.icio.us
イザ!ブックマーク  iza!ブックマーク
はてなブックマークに追加 はてなブックマーク
livedoorclip.gif この記事の livedoor クリップ数 livedoor クリップ
Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク Buzzurl(バザール)
ソーシャルニュースに追加
newsing it! newsing(ニューシング)
この記事をChoix! Choix(チョイックス)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。